40代オッサンが作るスイーツ|煮あずき生ガトーショコラで和洋折衷

スポンサーリンク
経年変化と挑戦と

スイーツ大好き40代オッサンが作るスイーツの回!

今回は

煮あずき生ガトーショコラで和洋折衷スイーツを作ろう!

です。

 

作り方は、以前ご紹介したTwitterのツイート

をベースに作り、煮あずきをミックスしたプチオリジナルスイーツです。

 

今回使用したチョコは、家族からもらったバレンタインデーのチョコ。

実は私、チョコだけのチョコ、”ザ・チョコ”というものは、あまり好きではありません💦

ナッツやクッキー等が入ったクランチタイプのチョコが好きなんです。

そのため板チョコは、普段ほとんど食べません。

 

彩り豊かなバレンタインデー贈り物チョコ。

全部ミックスして作る『煮あずき生ガトーショコラ』の完成形とは?

乞うご期待です!(笑)

 

スポンサーリンク

煮あずき生ガトーショコラ 材料

煮あずき生ガトーショコラ 材料 写真

 

・ チョコ    ・・・ 200g

・ 無塩バター  ・・・ 50g

・ 卵(全卵)    ・・・ 2個

・ 砂糖        ・・・ 9g

・ 塩         ・・・ 一つまみ

・ 煮あずき   ・・・ 70g

・ 牛乳     ・・・ 30g

 

≫ チョコはこちら

≫ 無塩バターはこちら

≫ 砂糖はこちら

≫ 塩はこちら

≫ 小豆はこちら

スポンサーリンク

煮あずき生ガトーショコラ 準備(使用道具・資材)

煮あずき生ガトーショコラ レンチン後 写真

 

・ 耐熱容器

・ ヘラ

・ ラップ

 

≫ 耐熱容器はこちら

≫ ヘラはこちら

≫ ラップはこちら

 

今回使う道具・資材は、自宅にあるものでOK!

私も耐熱容器は、グラタン皿を使って行いました。

ヘラもなければ、スプーンの代用で構いません。

 

煮あずき生ガトーショコラ 作り方

チョコと煮あずき 写真

 

チョコレートと煮あずきを使った、和洋折衷スイーツ。

調理は電子レンジのレンチンだけなので、簡単!

 

煮あずきは市販のものでも、自分で作っておいてもOK。

自分で作れば、砂糖なしの小豆本来の甘さを引き出せます。

 

≫ 煮あずきの作り方はこちら

時短あずき作りに失敗する人へ|成功には3つのポイントを押さえよ!
小豆料理を作る際、小豆を煮るところから始める方にとって、時短調理法はとても嬉しいもの。 2020年9月2日(水)に放送された、ガッテン!(NHK) 『食べて作って幸せ!あんこで腸スッキリ&美ボディー革命』 の回では、小豆の効果と時...

 

STEP①:下準備

煮あずきは前日、使用分量の70gを皿にあけ、ラップをせずにそのまま冷蔵庫内である程度乾燥させておきます。

こうしておくと、煮あずきの歯応えがでます。

乾燥させずに煮あずきを使っても良し。

お好みでかまいません。

 

材料のチョコ、バター、卵は常温に戻しておきます。

冷蔵庫から取り出し、4時間ほど室温で放置させればOKです。

 

今回使用したチョコは、バレンタインデーのもらい物をミックスして作りましたが、板チョコ200gでかまいません。

 

STEP②:レンチン前半戦【チョコとバターをレンチン1分30秒+α】

煮あずき生ガトーショコラ 材料 写真

 

今回初めてレンチンスイーツを作ったのですが、反省点が

耐熱容器は分けるべき

ということ。

 

煮あずき生ガトーショコラを作る工程で、レンチンが前半と後半の2回あります。

前半でチョコとバターをレンチンで溶かしたあと、残りの材料とすべて混ぜ合わせてレンチン後半戦に。

その際、きちんと混ぜ合わせなければいけません。

それがわかったのです。

 

大変申し訳ございませんが、今回は失敗例の作り方を見ていただき、補足説明をしていきます💦

 

まず、はじめから耐熱容器にラップを敷き、チョコとバターを溶かす作戦に。

洗い物を極力減らす作戦ですね(笑)

しかし、これが失敗の始まりとなる・・・

 

レンチン 1分30秒 写真

 

ツイートにあるとおり、1分30秒レンチン。

 

煮あずき生ガトーショコラ レンチン前半戦途中 写真

 

取り出してみると、思ったほど溶けておりません💦

そのため、追加で1分30秒レンチンしました。

 

煮あずき生ガトーショコラ レンチン前半戦後 写真

 

おっ!

今度は溶けてくれましたね。

レンチンの追加は、多くて1分30秒までが良いと思います。

あまりやり過ぎても、時短スイーツにはならないので。

 

レンチンで溶けたチョコとバター。

これをスプーンで混ぜ合わせたのですが…

 

表情曇る中年男性 画像思いっきり、混ぜづらい・・・

ラップが破けないように注意しながら混ぜるのですが、すごくわずらわしい。

これは失敗だなと思いました。

 

耐熱容器にラップを敷き、レンチンして仕上げるのは後半戦。

ケーキ作り等でいう、最後の工程。

レンチン前半戦は、単に材料を溶かすためのもの。

それから、材料を全て混ぜ合わせるという工程が待っています。

 

ラップが破けないように注意しながら混ぜ合わせていては、不十分に・・・

耐熱容器は分けた方がラップ破れを気にせず、混ぜ合わせることに全集中できます。

 

STEP③:レンチン前半戦で溶けた材料と残りの材料を全て混ぜ合わせる

煮あずき生ガトーショコラ 材料 写真

 

STEP②で溶けたチョコとバター。

これに残りの材料である全卵を溶いたもの、砂糖と塩、煮あずき、牛乳をすべて投入し、よく混ぜ合わせます。

耐熱容器を分けていれば、よく混ぜ合わせることができたのですが…

 

今回は、混ぜは不十分だった感が否めません。

今度作る時は、耐熱容器を分けて行います。

 

煮あずき生ガトーショコラ 混ぜ合わせ後 写真

 

全部の材料を混ぜ合わせたもの。

色とりどりのチョコをミックスして使いましたが、結局茶色にはかないませんでした(笑)

でも右上、まだ牛乳が混ざっていない感がありますね💦

まぁ、気にしないでレンチンしました。

 

割と大雑把な私(笑)

40代のオッサンが作るスイーツですから~♪

 

 

STEP④:レンチン後半戦 3分

レンチン 3分 写真

 

後半のレンチンは、ツイートに忠実に3分のみ。

それでできたのが、こちら。

 

煮あずき生ガトーショコラ レンチン後半戦後 写真

 

あはははは💦

卵かバターなのか、きちんと混ざっていない場所がありますね。

混ぜ合わせることの大切さが、ひしひしと感じられたレンチン後でした。

 

STEP⑤:粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす

煮あずき生ガトーショコラ 冷蔵庫で寝かせ後 写真

 

上記写真は粗熱をとり、冷蔵庫で4時間ほど冷やしたもの。

耐熱容器からラップごと外しました。

 

ラップ敷いているにも関わらず、耐熱容器の内側が少しチョコで汚れているとは・・・

これいかに?

まぁ、混ぜ合わせている時に、少し破れたとかがあったのでしょうね。

みなさんが作る時は、耐熱容器は分けましょう!(笑)

 

煮あずき生ガトーショコラ 写真

 

できた煮あずき生ガトーショコラ。

きちんと混ざっていないのか、耐熱容器中央部分がまだ半生状態に。

 

STEP④のレンチン後半戦は3分のみでしたが、追加のレンチンはしない方が良いと思います。

失敗の原因は、混ぜ合わせの不十分さが招いているのは一目瞭然なので💦

 

煮あずき生ガトーショコラ カット断面図 写真

 

カット断面。

上部がまだ半生。

 

でも、美味しくいただきました。

生ガトーショコラの柔らかさと、煮あずきの程よい硬さが面白い食感。

気づく中年男性 画像これはこれで、アリだな!

と思いました。

 

閲覧者様に感謝! SEO検索順位1位から4位までを独占しちゃいました!

Google Yahoo! 40代 オッサン スイーツ 検索 画像

 

【画像引用:Google検索、Yahoo!JAPAN 検索より】

 

このたび、SEO検索「40代 オッサン スイーツ」の3語キーワードにおいて、検索順位1位から4位までを独占しちゃってました!

 

それがわかったのが、これ。

SEOチェキ!での、検索順位チェックでした。

SEOチェキ! 40代 オッサン スイーツ 検索 画像

【画像引用:SEOチェキ! 検索順位チェックより】

 

SEOチェキ!でのブログ検索順位がGoogle、Yahoo!ともに3位。

疑問の中年男性 画像ん・・・ 3位?

1位、2位って誰なのかなぁ?

気になって調べてみたんです。

 

1位、2位の正体。

それは、自分のTwitter投稿でした(笑)

SNSって、SEO強いですもんね!

 

でも、結局は自分のTwitterとブログで、1位から4位を独占。

これもひとえに、私のTwitterおよびブログ閲覧者様のおかげです。

この場を借りて、お礼申し上げます。

ありがとうございます!

 

これからも40代のオッサンが、趣味でスイーツ作りに挑戦していきます。

みなさまも「何歳になっても、何か新しいことに挑戦し続ける経年変化の人生」を、私と共に歩んで行きましょう!

 

 









コメント