2021年の節分は37年ぶり!2月2日となるのでお間違いなく

スポンサーリンク
経年変化と出来事と
娘 画像ねぇねぇ、ママ~
なぁに?

マドカ。

母 画像
娘 画像来年の節分って、いつだっけ?
えっ?

節分って言えば、毎年2月3日よ。

母 画像
娘 画像そうだよね…

でも、キョウスケくんがね「2月2日だよ」って、保育園で言ってたの。

先生も「キョウスケくん、よく知ってたね!」って、ほめてたよ。

あれっ…

節分って、2月2日だったっけ?

私の記憶がおかしいのかしら…

母 画像
娘 画像やっぱり、ママも知らなかったんだぁ~

節分って、必ず2月3日ってわけじゃないんだって。

ちなみに来年の節分は、2月2日で間違いないってさ!

だって、ググったもん!(笑)

マジで!?

来年の節分が2月2日だったことも驚いたけど、マドカってググれたの!?

末恐ろしい…

母 画像

 

はい!

小劇場風でお送りしてみました(笑)

 

実は、2021年の節分は2月2日となるのです。

みなさんはご存知でしたか?

私もつい最近、このことを知りました。

お母さんと同じように、私も「マジで!?」と思っちゃいましたもん。

 

今回は、節分についての雑学を3つご紹介します。

2021年に恵方巻を食べる日は、2月2日です。

お間違いなく~

 

スポンサーリンク

節分は、2月3日の固定ではない

節分イメージ 写真

 

2月3日は、節分。

こうインプットされている人が大半だと思います。

しかし、節分は2月3日と定められているわけではありません。

 

1985年から2020年までは、たまたま2月3日が節分だったということ。

過去には、2月3日が節分でない年もあります。

● 1897年(明治30年)は、2月2日が節分

● 1968年(昭和43年)は、2月4日が節分

● 1972年(昭和47年)は、2月4日が節分

● 1976年(昭和51年)は、2月4日が節分

● 1980年(昭和55年)は、2月4日が節分

● 1984年(昭和59年)は、2月4日が節分

 

こう一覧でみると、結構2月3日が節分でない日があったんですね。

驚きです!

 

来年の2021年(令和3年)は、2月2日が節分。

2月3日が節分でなくなるのは、1984年(昭和59年)以来37年ぶり。

また、2月2日が節分となるのは、1897年(明治30年)以来なんと、124年ぶりのこととなります。

 

【参考、引用】

【Wikipedia『立春』】

【国立天文台計算室『節分の日が動き出す』】

 

 

節分は雑節の一つで、立春の前日を指す

Wikipediaでは、節分を以下のとおり解説しております。

節分(せつぶん、せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。

節分とは「季節を分ける」ことも意味している。

江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

 

節分は、土用の丑の日でもおなじみの「土用」と同じ雑節なんですね。

雑節については過去記事にて説明しておりますので、あわせてご覧ください。

土用の丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?土用=土曜日ではない!
​​​ 【土用の丑の日】の意味がわからない人 「土用の丑の日に、なぜうなぎを食べるようになったの?」 「土用の丑の日って、夏の土曜日にウナギを食べること?」 本日、土用の丑の日。 ...

 

「節分=2月3日」というわけではなく

「節分=立春の前日」というのが正しいのですね。

 

ということは、1985年から2020年までは2月4日が立春だったから、節分は2月3日となっていたということですよね。

どうやら、節分の日がいつになるかは、立春の日が原因にあるようです。

 

節分の日は、二十四節気の一つ『立春』により左右される

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を12の「節気」と12の「中気」に分類され、それらに季節を表す名前がつけられています。

 

■ 12の節気

立春、啓蟄、清明、立夏、芒種、小暑、立秋、白露、寒露、立秋、大雪、小寒の計12。

うち、立秋・立夏・立秋・立冬を四立(しりゅう)といい、季節の始まりを表しています。

 

■ 12の中気

雨水、春分、穀雨、小満、夏至、大暑、処暑、秋分、霜降、小雪、冬至、大寒の計12。

うち、夏至・冬至の二至(にし)、春分・秋分の二分(にぶん)をあわせて、ニ至二分(にしにぶん)といいます。

 

 

季節が変化するのは、地球の公転と自転が影響しています。

公転:地球が1年かけて太陽の周りを回る運動のこと

自転:地球自体が1日1回、回転する運動のこと

 

地球が太陽の周りを公転する際、自転軸の向きは地球の公転面(黄道面)に対して垂直ではありません。

自転軸を約23.4°傾けたまま公転することによって、季節の変化が生じます。

 

詳しくは、こちらがわかりやすいです。

≫ 国立天文台計算室『季節はなぜ変化するのか?』

 

 

二十四節気は季節変化を表す指標であり、太陽暦や太陰暦が密接に関係しています。

 

■ 太陽暦

地球が太陽の周りを回る周期(太陽年)を基にして作られた暦(暦法)。

1太陽年を約365.242194日に基づいて、1年の長さを約365日としています。

 

■ 太陰暦

月の満ち欠けの周期(朔望月)を基にして作られた暦(暦法)。

1朔望月を1月(ひとつき)としますが、1朔望月は約29.530589日。

12ヶ月だと12倍の約354.3367068日に基づいて、1年の長さは約354日となります。

 

太陽暦と比べ、そのままでは毎年約11日ずつ季節がずれていくことになってしまいます。

これを調整するために用いられるのが『太陰太陽暦』

太陰太陽暦は、約3年に1回、閏月をいれて1年を13ヶ月約384日とすることで、暦の日付と季節のずれを調整したもの。

このことが1年を365日とする平年と、1年を366日とする閏年(うるう年)が生まれる原因です。

 

二十四節気と地球の公転の関係は、こちらがわかりやすいです。

≫ 国立天文台計算室『二十四節気とは?』

 

 

まぁ、要約すると

● 地球の公転と自転による影響

● 太陰太陽暦では、二十四節気を用いて暦と季節のずれを調整

上記が関係し、立春となる日が調整されているということなんですね。

 

2021年以降、2月3日が節分じゃない年

来年は2月2日が節分となりますが、それ以降も2月3日が節分じゃない年はいつか?

Wikipediaを調べてみたら、面白いことがわかりましたよ!

● 2025年(令和7年)は、2月2日が節分

● 2029年(令和11年)は、2月2日が節分

● 2033年(令和15年)は、2月2日が節分

● 2037年(令和19年)は、2月2日が節分

● 2041年(令和23年)は、2月2日が節分

● 2045年(令和27年)は、2月2日が節分

● 2049年(令和31年)は、2月2日が節分

● 2053年(令和35年)は、2月2日が節分

● 2057年(令和39年)は、2月2日が節分

● 2058年(令和40年)は、2月2日が節分

 

2060年までを見てみると、2021年から2057年までは4年に1度、2月2日が節分となります。

来年は124年ぶりに2月2日が節分と言っておきながら、2021年以降は4年に1度の頻度で2月2日が節分になるという…

そして、2057年と2058年は、2年連続の2月2日が節分に。

もう、笑うしかないです(笑)

 

来年2021年の2月2日が、プレミアム節分デーと言ってもいいでしょうね。

その後は4年に1度、オリンピック並みの高確率頻度になっちゃうので(笑)

 

スポンサーリンク

節分の日に豆をまく意味

大豆 写真

 

節分のイメージといえば、豆まき。

私も幼少の頃に、落花生などをまいた記憶があります。

 

祖母から「本当は豆まくんだけど、掃除大変だから」と、自宅では落花生をまいてたっけ。

保育園では「鬼は外、福は内」の声掛けとともに、幼少時のフルパワーで鬼役の子へ豆ぶつけてたっけなぁ(笑)

 

節分に炒り大豆をまいたり、歳の数だけ炒り大豆を食べたりしますよね。

本来は、炒り大豆を用いる習慣でした。

節分の声掛けにもあるとおり、この習慣には邪気を払い、福を願うという意味があります。

 


≫ 【送料無料】九州産煎り大豆(国産/無添加) 1㎏ 楽天大豆ランキング1位は、こちらから
 

 

日本人は昔から、五穀(米、麦、ひえ、あわ、大豆)には「穀霊」と呼ばれる精霊が宿っていると考え、米よりも粒が大きい大豆は、より多くの精霊が宿るとされていました。

豆は「摩目」という語呂合わせができ、「魔の目に豆をぶつけ、魔を滅する」という意味があったようです。

 

イメージすると、「魔の目に、多くの精霊が宿った大豆をぶつけ、魔を滅する」ということ。

魔の目にぶつけられる精霊たちって、いったい…

ということは、ここでは考えないようにしておきましょうね(笑)

 

また、なぜ炒った大豆なのかというと諸説あるようですが、「炒る」を「射る」とかけて、縁起がよいことからと考えられていたそうです。

 

言葉の語呂合わせや、言葉をかけて習慣となった節分。

昔のイベント起源を調べてみると、結構、言葉が関係しているものが多いですよね。

言葉の持つチカラというものを、昔の人は信じていたのでしょうね。

 

恵方巻を食べる習慣はいつから?

 

恵方巻 丸かじり 写真

 

節分に恵方(※)を向きながら、恵方巻を一気に一本、無言で丸かじりするとよいとされています。

※ 陰陽道において、その年の福徳を司る神である歳徳神(としとくじん)の在する方位のこと

 

恵方巻の起源の定説は、いまだ存在せず不明な点が多いとWikipediaでは説明があるものの、一般的に知られているのは、関西ルーツ説です。

江戸時代から明治時代にかけての商都大阪の花街では、節分に商人が芸子遊びをしながら、商売繁盛を祈り食べたとされています。

 

ただし、恵方巻という名称で呼ばれるようになったのは、実は1989年と意外に歴史が浅かったのです。

起源としては、諸説では江戸時代とされているものの、太巻き寿司を食べるという風習であり、恵方巻と名付けられていたわけではありません。

 

恵方巻の名付け親は、広島県広島市にある「セブン-イレブン舟入店」の野田靜眞氏。

「大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習がある」ということを聴いて、1989年に店舗で恵方巻として売り出したのが始まり。

1998年から全国へ広がり、2000年代以降に急速に広がっていきました。

 

北海道民の私は、そもそも太巻き寿司を節分に食べる風習があったことを、子どもの頃に知る由もありません。

私が恵方巻のことを知ったのは、2000年代初期の頃。

末妹がセブンイレブンのアルバイトをしていて、そこで恵方巻を買ってきたことがきっかけ。

 

太巻き寿司を食べる習慣は、一部の地域で昔からあったものの、恵方巻という名称の太巻き寿司を食べるようになったのは、平成になってから。

しかも、恵方巻がメジャーになったのは、2000年代以降ということだったんですね。

 

ちなみに、2021年の恵方は『南南東』です!

 

【参考、引用】

【Wikipedia『恵方巻』】

【ぐるなび『仕掛けた人は誰?恵方巻きの由来・ルーツ・丸かぶりの謎』】

 

 

まとめ:2021年の節分は、2月2日(火)です!

鬼犬 写真

 

節分雑学を3つご紹介してきましたが、私も今回リサーチして初めて知ったことばかりでした。

 

● 節分は、2月3日の固定じゃない

● 2021年以降、2057年まで4年に1度、オリンピック並みに2月2日が節分となる

● 言葉の語呂合わせと、言葉をかけて習慣となった豆まき

● 太巻き寿司を食べるようになった起源は諸説あるものの、関西ルーツ説が一般的

● 恵方巻は1989年、セブンイレブン舟入店から生み出された

 

2021年の節分は、2月2日の火曜日。

恵方は『南南東』です。

ぜひ、話のネタにご活用くださいませ!

 

 









コメント